アドバは、愛知県立愛知工業高等学校デザイン科(旧、愛知県立工業学校図案科)の卒業生で構成をされた団体です。

愛工デザイン展とアドバ展

rekishi_011900年(明治 34年)20世紀の幕開けと同時に、中京地区の綿織物産業の活性化を担って、愛知県立工業学校が御器所の地に図案科と染織科でスタートした。

図案科はその後 1964年(昭和 39年)にデザイン科と改称した。

「デザイン展」は 1962年(昭和 37年)3月に「第 1回デザイン展」を愛知県美術館で開催した。「愛工デザイン展」をスタートさせ、美術やデザインを学ぶ学生・生徒にとって、卒業制作として卒業生制作展を開催することは通例となっていた。

愛知県立愛知工業高等学校デザイン科としては、毎年愛知県美術館において「愛工デザイン展」と銘打って卒業制作展を開催していた。デザイン界で活躍をしていた卒業生からも技術指導や作品制作などにスポンサーになって物心両面で支援を受けて、レベルの高い卒業制作展で好評を得ていた。

しかしながらデザインに関する一般市民の認知度は高くなく、公共の施設で企業宣伝と受け取られ、デザイン教育のより精選と公共施設での展示優先を思い悩んで、1976年(昭和 51年)愛知県美術館での開催を辞退した。そして「愛工デザイン展」は、学内開催としてデザイン科実習施設見学を兼ねて継続した。

しかしながら、大学にも引けを取らないハイレベルの制作内容を広く県民に披露したい思いが募るばかりで、学外展示を模索していた。

実習教室では、OBのデザイン作品も同時に展示して、在校生への資質向上に寄与していた。その後のアドバ展に繋がっていく魁でした。

rekishi_021986年(昭和 61年)には、栄にある名古屋市教育館で開催した。その後より作品展示に相応しい会場を求めて ICA名古屋を経ながら、1991年(平成 3年)には名古屋市博物館での開催に漕ぎ着けた。そして「アドバ展」と位置付けて、生徒作品に華を添えるように展示を始めた。

「アドバ展」が正式に名乗り上げるまでは、当時の小山太郎会長が同世代(昭和 10年代の卒業生たち)を中心にして、毎年正月に中区役所のある栄市民ギャラリーで絵画を中心に展覧会を開催し、戦後卒業生も加わって順次広がりをみせていた。この活動が「アドバ展」を立ち上げた。

アドバは、愛工創立 100周年記念事業として「100周年記念展覧会」を大先輩の杉本健吉氏(大正 12年卒)の作品を筆頭にして、デザイン科以外にも創作活動をしている卒業生を巻き込んで、愛知県美術館での開催を企画運営した。広く県民に披露してきた「愛工デザイン展」がよりグレードの高い愛知県美術館での開催に 2006年(平成 18年)12月に 30年ぶりに戻った。

そこで結果的には「アドバ展」は愛知県美術館での併催を諦めることとなってしまった。理由は県下の展覧会会場としては一等地で開催申請希望が殺到している中で、愛知県美術館での同時に 2室を確保することが保証できなくなった。「愛工デザイン展」を優先させた。

いつかは「アドバ展」の復活を夢見ながら今日にいたった。

rekishi_032006年(平成 17年)に逝去された元アドバ会長故小山太郎氏からもアドバ展復活の夢をされ、絵画「薔薇」を母校に寄贈していただき、ご遺言でアドバへ「小山基金」を託された。 

やっと平成の卒業生たちが「アドバ展」復活に名乗りを上げ始め、2013年(平成 25年)には、「ON / OFF展(七色の繋がり)」を企画して先行開催した。

その実績を携えて 2014年(平成 26年)「アドバ展」に結びつけようとしている。

旧職員:西村 知弘

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © アドバ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.