アドバは、愛知県立愛知工業高等学校デザイン科(旧、愛知県立工業学校図案科)の卒業生で構成をされた団体です。

アドバについて

  • HOME »
  • アドバについて

古くは、1900年にさかのぼる歴史ある繋がり

アドバは、愛知県立愛知工業高等学校デザイン科(旧、愛知県立工業学校図案科)の卒業生で構成をされた団体です。

愛知県立愛知工業高等学校は、1900年(明治34年)愛知県立工業学校(図案科・染織科・予科)として、20世紀の幕開けと同時に、御器所(昭和区)の地に創設されました。

初代の図案科長には、川崎千虎氏(東京美術学校教授)が迎えられ、当時の地場産業であった綿産業の発展とともに戦争の苦難を乗り越えてきました。

「ものづくり愛知」の礎を築いてきた確かな見識は、間違いなく今に繋がっています。

1943年(昭和18年)には、現在の北区福徳町に学校が移転し、1964年(昭和39年)には図案科からデザイン科に改称され現在に至っています。

図法螺会からアドバへ

図案科時代から同窓会が存在し、1949年(昭和24年)には、故杉本健吉氏(大正11年卒)らが核となって「図法螺会」が誕生致しました。

1976年(昭和51年)に、現在の「ADOBA – アドバ -」へ名称変更をし、改めて会を発足致しました。

主な活動として、現役の学生に対して様々な形で支援をしたり、各種イベントの運営・同窓生の繋がりのみにとどまらず幅広い形で縦横の交流を図るなど活発な活動を行っております。

  • S53卒 三輪日出雄氏講演イメージ
    S53卒 三輪日出雄氏講演
  • デザイン展講評会イメージ
    デザイン展講評会
  • 年末の日間賀島イメージ
    年末の日間賀島旅行

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © アドバ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.